請輸入帳號密碼
關閉 | 註冊 | 忘記密碼 | 無法登入
C5 C6
C5 回應 C7 推薦 C7 反推 C6
網誌 > 投資 Mike Chen ( CGS )

米空軍は人工知能をどう活用して次の戦争に備えるのか Comment 0

Mike Chen ( CGS ) 聰明的投資者 2018-04-15 23:00:00 轉寄文章 小字型 中字型 大字型 超大字型


人工知能の前にアルゴリズムあり、という話ですが、案外この関係が分かっていないのでよくお分かりの人に解説してもらえると助かります。当ブログの追及するテーマのひとつがISRなのでこれこそAI応用にぴったりということですね。米空軍にはこの分野に詳しい人が多そうです。さて、航空自衛隊は?

Air Force Looks to Artificial Intelligence to Fight Future Wars 人工知能で将来の戦争を戦う方法を模索する米空軍

Artificial intelligence. Graphic Illustration courtesy of T2 Telehealth and TechnologyMilitary.com 10 Apr 2018 By Oriana Pawlykhttps://www.military.com/defensetech/2018/04/10/air-force-looks-artificial-intelligence-fight-future-wars.html米空軍は人工知能の進歩で機材、兵装、衛星が生む大量のデータの利用解析が楽になると期待している。「データの観点からみています」と空軍参謀次長スティーブン・ウィルソン大将が述べている。「データこそ21世紀の『再利用可能燃料』であると言っても反対意見はないのでは」とウィルソン大将はアリゾナ州立大等が主催した会議で発言。「データを適正なアルゴリズムでつなぎあわせてデータの意味を理解し、ネットワークに流せます。クラウドも使うでしょう」と情報の流れを詰まらせずスピードを上げることが戦闘に必要と述べた。だからと言って生身の人間の関与をなくすという話ではないと大将は発言。会場の質問に答えウィルソン大将は映像自動処理で戦闘員を絞り込み識別するアルゴリズム開発の「プロジェクトメイヴン」に言及した。これは将来の「ヒューマン-マシンチーム」のひとつになるという。ウィルソンによれば現在はデータ蓄積に努め、「コンピュータにコンピュータが得意な仕事をさせ、人間には人間の得意分野を任せている。そこから洞察力が生まれる」とし、将来の戦場に備えるのが目的だと大将は説明。「自律型システムで探知、報告が可能ならヒトによる処理が入る余地がない。現在はこうした性能を活用した試作型を試しているところだ」ロシアや中国と言った高能力の敵に対応すべく、空軍には「復元力のある」衛星ネットワークで探知効果と短時間による報告能力が必要だとウィルソン大将は見ている。「ネットワークを構築し地球静止軌道上からすべての衛星機材を接続する必要がある」ウィルソン大将はイーロン・マスクのテスラ車を例に挙げた。走行中のテスラが道路上の穴に遭遇すると、その場所と大きさ他の特徴を把握してテスラネットワークにデータを送り他の電気自動車が同じ道を走行する際に回避すべき注意点として共有する。「これができるんだったら同じことが空の上でできないか。機材を全部つないで敵の情報を流したら作戦上の学習を進めるシステムが生まれないか」「宇宙ではどうか。さらに宇宙と空を地上、地下と結んでいけるのでは」.参謀総長デイヴィッド・ゴールドフェイン大将もネットワーク化を提唱しており、空軍内部にとどまらず連合国側全部との共有を主張する。ゴールドフェイン大将は自動化を進めれば大量の情報処理ができると見ている。「データが大量すぎて全部に目を通せないのが現状で、ましてや分析もできず、目を通すだけで精いっぱいです」とゴールドフェイン大将は空軍協会主催朝食会で講演した。「各軍が民間業界の支援も受けながら現在の人間中心の仕組みや方法論を人工知能を利用した情報解析に変えようとしています。自動化にためには現在すでにあるツールも使い、どんな解析が可能となるでしょうか」Maj. Gen. VeraLinn Jamieson, director of Intelligence, Air Combat Command, Joint Base Langley-Eustis, Va., visited the 552nd Air Control Wing and the Oklahoma City Air Logistics Complex. (Air Force photo/Kelly White)Military.comは昨年ヴェラリン・「ダッシュ」ジェイミソン中将(空軍参謀次長、情報監視偵察部門A2トップ)の意見を聞く機会を得た。同中将はこれからの情報収集の方向性で最先鋒を進む人だ。「人工知能に行く前に自動化がありますがこの意味がわかりますか。これはアルゴリズム開発を意味するのであり、が信頼されるアルゴリズムにする必要があるのです」同中将はさらに「人工知能とヒトとマシンをつないでいくと予想しており、例えば200億のなかからナノ秒でひとつにしぼりこむ時代がくるはず」と述べた。■-- Oriana Pawlyk can be reached at oriana.pawlyk@military.com. Follow her on Twitter at @Oriana0214.

資料來源: 聰明的投資者 RSS (Atom)

發文來源: 61.63.50.189     更新時間: 2018-04-16 21:00:33


Google 搜尋股市分析第一名的網站

NLog股市分析 - 最佳股市分析選股工具及上百種股票排行榜(iPad概念股、本益比排行榜、殖利率排行榜等),台股上市上櫃千檔股票資訊,百種股 票數據免費提供。
C5 Comment C7 0 C6
 
C5 Opinion C7 0 C6
用戶回應 關閉 - 用戶回應
回應 回應 C4 推薦 推薦 C4 反推 反推
 
各類型文章關鍵字搜尋
搜尋文章 Search articles
關閉 - 搜尋區塊
| 進階搜尋 Advanced search |
最近網友推薦的文章
最新推薦 Recent Recommended
關閉 - 最新推薦