請輸入帳號密碼
關閉 | 註冊 | 忘記密碼 | 無法登入
C5 C6
C5 回應 C7 推薦 C7 反推 C6
網誌 > 投資 Mike Chen ( CGS )

T-Xは軽攻撃機、アグレッサー機材にも転用したいとする米空軍ACC司令官 Comment 0

Mike Chen ( CGS ) 聰明的投資者 2019-03-12 23:00:00 轉寄文章 小字型 中字型 大字型 超大字型


ひとつわからないのはT-XがいまもT-Xと呼ばれている点で、採択されればすぐにでも呼称がつくのですが、いまだにT-Xのままですね。軽攻撃機としては当方はスコーピオンに期待していましたが未だ鳴かず飛ばずですね。ボーイングT-Xがその任務もこなせるのか、これから注目しましょう。

US Air Force’s new trainer jet could become its next light-attack or aggressor aircraft 米空軍の新型練習機は軽攻撃機、アグレッサー機材に発展する可能性を秘めている

By: Valerie Insinna    https://www.defensenews.com/digital-show-dailies/afa-air-space/2019/03/06/air-forces-new-trainer-jet-could-become-its-next-light-attack-or-aggressor-aircraft/

ボーイング-サーブのT-X提案が空軍のT-X競作で2018年9月に勝ち残った (John Parker/Boeing)

米空軍のT-Xには練習機以外に、アグレッサー機材や軽攻撃ミッションにも転用の可能性があると航空戦闘軍団司令官が3月7日述べた。T-X練習機の調達は供用50年に及ぶT-38の交替が主眼であり、これが最優先事項であるのは変わりはないが、空軍は別用途の検討もしており今後の調達に反映されようと、マイク・ホームズ大将が空軍協会シンポジウムで語った。「同機の軽戦闘機型を想像してほしい。訓練で敵機役をさせてもいい」「非公式レベルで別型式の要求性能を検討させている。いつ公式になるかはいろいろな要素次第だ」とし、予算が念頭にあると付け加えた。では空軍はどんなT-X発展形を想定しているのだろうか。

軽攻撃機構想空軍は軽攻撃機に転用する道筋を明らかにしていないが、上層部によればターボプロップ機材の性能を超える物が欲しいという。T-Xあるいは別の低コスト機に期待しているとホームズ大将は述べたが、2020年度っ国防予算の詳細が未公表のいまは詳細を話してくれなかった。「同機やT-X競作の各機のサイズと飛行経費今後の実証の対象だ」2017年の軽攻撃機試験第一ラウンドで空軍は軽戦闘機を試していた。テキストロンのスコーピオンだがターボプロップ機のA-29やAT-6を合格とし同機を避けた。スコーピオンにはターボプロップ機にない性能として速力や操縦性さらに機内兵装庫がありプラグアンドプレイ式でセンサー搭載が可能だ。AT-6やA-29の有利な点はふたつで、購入価格が安く製造ラインがすでに存在していることで、スコーピオンは未だ採用国はない。ボーイングのT-Xはこうした課題にそのまま答えていない。ひとつにはT-Xでは350機調達を前提に生産ライン立ち上げコストを想定し単価を引き下げている。ホームズ大将はボーイングが同社のブラックダイヤモンド生産方式をT-X設計段階から使用していると説明。ブラックダイヤモンドとは大幅な生産コスト削減のため新しい製造技術を同社の民生部門から流用する。「機体の共通化で量産効果が生まれ、単価が下がり供用を長く維持できるだろう」(ホームズ)ただし非武装のT-Xは決して安い買い物にならず、各国に売り込むのなら負担可能な価格に抑える必要がある。

アグレッサー部隊用機材米空軍は空戦訓練で敵機役となる「レッドエア」機材の新規調達を今年にも公募する予定だが、要求性能は高くなる見込みでアグレッサー機材に新型機が必要になりそうだ。T-Xで各社が採用をめぐりしのぎを削っているころ、空軍はT-Xのアグレッサー機転用は真剣に見ていなかた。だが契約が交付されると、新型機で要求性能を実現できるか検討しはじめたとホームズは明かした。航空戦闘軍団司令官はWar on the Rocksの1月記事で深掘りした意見を表明している。T-XはT-38タロン後継機の位置づけだがタロンを飛ばすのは1950年代の戦闘機を操縦するのと大差なく、同機で体得できるのは基礎戦術だけだとしていた。T-Xは飛行性能とセンサー機能が充実し現在の第一線戦闘機に近く、ホームズ大将はF-15、F-16、 F-22、 F-35の操縦訓練にT-Xが活用できると期待する。「敵機役として訓練に活用できる」のではないかと記していた。

「T-Xの低運航コストを活かせば敵機役として活躍の余地は伸びるのではないか。第四世代機の半分程度、第5世代機の5分の一という水準なのでパイロット訓練を増やすか、低コストで実施できるはず」とホームズは寄稿している。■

資料來源: 聰明的投資者 RSS (Atom)

發文來源: 61.63.50.189     更新時間: 2019-03-13 21:30:47


Google 搜尋股市分析第一名的網站

NLog股市分析 - 最佳股市分析選股工具及上百種股票排行榜(iPad概念股、本益比排行榜、殖利率排行榜等),台股上市上櫃千檔股票資訊,百種股 票數據免費提供。
C5 Comment C7 0 C6
 
C5 Opinion C7 0 C6
用戶回應 關閉 - 用戶回應
回應 回應 C4 推薦 推薦 C4 反推 反推
 
各類型文章關鍵字搜尋
搜尋文章 Search articles
關閉 - 搜尋區塊
| 進階搜尋 Advanced search |
最近網友推薦的文章
最新推薦 Recent Recommended
關閉 - 最新推薦